送電線建設技術研究会 九州支部

採用情報

 

送電線建設業の求人情報

採用情報

PV動画
ラインマンの紹介
会員企業情報

 

ラインマンの紹介

 

 

 

 

ラインマンの活躍フィールド

 

 

ラインマンのお仕事紹介ムービー&動画

 

架空送電線編

 

地中送電線編

 

送電線はこうして作って守っていく!|私たちの暮らしを支える電気を、皆さんのところまで安定的に届けるためには送電線が必要です。日本の隅々にまで張り巡らされた9万kmにおよぶ送電線と24万基の鉄塔は、多くのラインマンが協力し合って作り上げてきました。送電線はどのようにして作られているのか、その仕事の順序に沿って概要を紹介します。

 

調査・設計

地形、地質、気象などの自然条件や社会環境に加え、工事や保守の難易度、工事費などを総合的に判断し、送電線ルートを選定します。

ルート決定後、測量結果から鉄塔高を決定し、鉄塔強度設計など各種設計を行います

 

仮設工事

送電線建設工事を行うためには、工事用地を確保し、資機材を工事現場まで運ぶ運搬路などが必要になります。

山岳地に建設する場合は、運搬用道路を作れない場所に索道を架設するなど、大規模な仮設工事が必要になることがあります。

 

基礎工事

台風や地震などで鉄塔が倒れないように強固な基礎をつくる必要があります。

急峻な山岳地に建てられる大型鉄塔の基礎は杭の長さが数十メートルになることがあります。

 

鉄塔組立工事

鉄塔は、等辺山形鋼や銅管を使った部材を組合わせて作られています。

大型の鉄塔は高さ100mを超える巨大なものもあり、傾斜地や鉄塔高さに応じて大型クレーンなどを使って組み立てられます。

 

架線工事

鉄塔間に電線を張る工事を架線(がせん)工事といいます。

3~5km程度の区間を1区間として、細いロープから太いワイヤロープ、そして電線へと引き換え、最後に決められた張力でがいし装置に取り付けます。

 

送電線完成後の保守・点検

送電線は、長い年月の間、雨や風、雪、雷、地震といった自然減少にさらられます。 これらの影響を定期的に点検し、必要がある場合は部材の補修や交換を行います。 影響が大きいものについては、鉄塔を建て替えたり、電線を張替える場合があります。 このような保守・点検は、送電線の機能を健全に維持していくための大事な仕事です。

 

 

私達が主役です

株式会社九南|井上将奈

株式会社アーチ電工|重松翔一

 

 

先輩ラインマンのある1日|岳南建設株式会社福岡支店

 

 

熊本地震でもラインマンが活躍しました

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る

ページTOPへ